FC2ブログ
ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
故山口清吾先生 二十年祭偲ぶ会に6名参加(H28/4/9)
東京新橋のヤクルトホールにおいて、合気会本部道場師範 故山口清吾先生(九段)
の二十年祭偲ぶ会が、ご子息の山口哲(七段)の山口道場主催により開催され
国内外から約500名が詰めかけた。(同時に山口道場創立10周年記念大会)
当ひたちなか合気会からも五十嵐師範以下6名が参加した。

故山口清吾先生は、本部道場師範として国内はもとより世界的に幅広く指導普及に
あたられた、戦後合気道の草分けの高名な師範であり、その指導を受けた門下生は
数えきれない。今回、海外からも先生を偲び来日していた。
ひたちなか合気会も前身の「勝田市合気道連盟」時代から、会の創設者でもある
故鯉渕憲夫先生を通じ、顧問師範としてご指導を仰いでおり4度ほどお越し頂き
講習会開催や、本部道場での稽古や特別講習会などで直接ご指導を頂きました。

今回のイベントは、午前の部が故山口清吾先生の1963年~1994年までの国内外で
の指導されている未公開映像が上映され、当日参加された高段師範方の若々しい
姿が指導を受けている場面もあり、とてもレアな映像でありました。
午後の部は、ステージの特設会場(32畳)で演武会が開催され、故山口清吾先生から
ご指導を受けた、各地区団体や各地区師範(七段)が披露された。
途中で植芝守央道主のご挨拶や故山口清吾師範の思いでを話され、終盤には今回の
偲ぶ会の発起人である、武田義信師範・荒井俊幸師範・針すなお師範・小出武夫師範
・安野正敏師範の各八段五名による すばらしい演武で締めくくられました。

当会の五十嵐先生も各地区師範(七段)の部で演武を披露され、私達も初めてステージ
上の特設開場で受けを取らせて頂き貴重な体験をしました。
また今回は、高段者の先生方の素晴らしい演武を真近で拝見する事ができ大変勉強に
なりました。
終了後の「直会」は、銀座「ライオン」で18時30分から開かれ、約150名が出席され、
山口清吾先生の懐かしいエピソードや各師範の若い頃のお話などで盛り上がり、
和やかで楽しい時間でした。 
(K.F記)
山口清吾先生二十年祭№1 5 山口清吾先生二十年祭№2 40
山口清吾先生二十年祭№3 40 山口清吾先生二十年祭№4 40