FC2ブログ
ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
鎌倉 鶴岡八幡宮 合気道講習会および演武大会へ参加(2016‐5‐8)
■鶴岡八幡宮の春の例大祭「菖蒲祭」にあわせ5月8日(日)開催された。
今年もひたちなか合気会から14名が、講習会(奉納稽古)や奉納演武に参加した。
この菖蒲祭の講習会及び演武大会は鶴岡八幡宮の主催と運営主体である武田義信師範
(八段)主宰のAKI(合気道研究会インターナショナル)により毎年開催されているもの
であり、特に今年は植芝守央道主の顧問師範ご就任20周年記念の節目にあたり、
全国の交流友好団体から多くの参加があり、約300名もの盛況な講習会でありました。
(AKIとひたちなか合気会は40年来の交流を続け、多方面の薫陶やご指導を頂いています)

■当日は6時に勝田を発ち、鎌倉に着くと清々しい五月晴れで、大勢の観光客と共に鎌倉駅
から八幡宮までの「小町通り」のそぞろ歩きを楽しみ、また八幡宮の新緑を楽しみながら、
本日の目的地である「八幡宮研修道場」に向いました。

■「講習会」は植芝道主のご指導により「入り身・転換・転身」の捌きからそれらが技に
どのように繋がるかを、多くの基本技を例にあげ明快な説明により技を示され、とても
勉強になりました。日頃の稽古でもそのような繋がりを常に意識し体の動きに注意し稽古
する重要性をあらためて痛感しました。
 広い研修道場も300名近くの人が稽古するとなるとさすがに手狭となり、自由に投げ倒し
たりシッカリ抑え固めたりする事まで出来ない状態であった。然しながら周囲の人の動きや
位置に気を使いながら自分が動く事は、その事自体が一つの稽古でもあります。
このように混雑した状態での稽古では、必然的に皆が捌きと崩しから投げるまたは抑える体
勢に持って行くまでを重点的に稽古する事に繋がり、その意味では普段とは違った形での
充実した稽古ができたように思います。

■「奉納演武」では、前半にAKI指導者演武や傘下各道場の道場演武が行われ、オーストラリアから
の海外演武もあり、AKIが着実に海外に進展している事を印象付けるものでした。前半の
締めはAKI師範武田義信八段による見事な演武が披露されました。
 後半はAKI指導者や道場演武の後に、八幡宮研修道場合気道科少年部の演武があり、
25名ほどの子供達が大きな声を出しながら受け身を中心に元気よく演武する姿を見せ、
会場から大きな拍手がおくられました。
その後、愛媛・三重、福井、東京、埼玉、千葉、宮城、茨城など全国各地の賛助団体演武
が続き、我々ひたちなか合気会も14名が同時に演武を行いました。
  奉納演武の締め括りとして植芝道主の総合演武が行われ、華麗な演武を間近に拝見し、
あらためて合気道の理にかなった自然な体の動きとその技の華麗さに魅了させられました。

■つづいて、場所を境内の「直殿」に移し、「直会」が開かれ200名が出席された。
講習会や演武のときの厳しさとはうって変わった和やかな懇親会となり、禰宜のご挨拶や
植芝道主や武田師範のご挨拶にはじまり、AKIや各地の賛助団体の皆さんと楽しく歓談できた事は、
あらためて合気道を通じ交流の意義と重要性を感じとった次第です。
                             (M・S)記
鎌倉演武1 (640x480) 鎌倉演武2
鎌倉演武3 (640x427) 鎌倉演武4 (640x427)