ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
H29年 第6回少年部指導者研修会開催  2017(H29)-4-23(日)
  天候に恵まれた4月23日(日)恒例の少年部指導者研修会が、海風が心地よい
那珂湊武道館(道場)において開催され、ひたちなか合気会傘下の少年部指導員
13名(女性7名)が出席した。
  今年で6回目となるが、毎回熱のこもった研修であり、9時~13時までの予定を
1時間も超過する内容で、参加者の日頃の思いや考えを議論し研修した。

 昨年迄の5回の研修会を以て、五十嵐師範が目指した5か年計画の指導が終了
し、今回からは、各地区の指導員が日頃指導上で悩んでいる問題や新たに勉強
したい内容などをあらかじめ提案してもらい、これらの中から要望の高い問題
や社会の潮流となっている問題をテーマとする事で、指導員が日常抱えている
身近な問題や題材と併せ、予めセレクトし検討した結果、今回の大きなテーマは
「障がい者への指導」と言うテーマが定められた。

  そして、これらの題材テーマの中から、より具体的な内容に堀り下げた「事前宿題」
が出され、当日これらを持ち寄り各指導員が体験談を披露すると共に、指導員間で
の認識温度差や問題内容の共有化や水平展開を図り、問題点の深耕を行うという
研修が進められた。
幸いにも、指導者の中に障がい者教育に関わっている者がおり、その人をリーダに
展開を図った。

  ひたちなか市合気道少年団は、(旧)勝田市合気道少年団時代の30年前から
「障がい者」を受け入れ、少しづつ勉強し活動してきた経緯が有るが、その中で
保護者と共に3人4脚対応で進んできたものの、満足いく内容には遠く感じて
いたこともあり、まさにタイムリーな勉強の題材でも有った。

  障がい者の区分や内容ほか、障がい者教育指導の分野において、近年研究が
かなり進んできている部分もあり、今回、私達は1年間かけて「これらの系統立てた
勉強を進め」「武道の世界での障がい者の指導」と言うものに取り組み、少しでも
障がい者や保護者への支援が出来るようになればと願っています。

(M・M)記

指導者研修2017-1 指導者研修2017-2
指導者研修2017-3