ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
合気道少年団 筑波山登山ハイキング実施 (2017-6-11(日)
■6月11日(日)、ひたちなか市合気道少年団の恒例行事「筑波山ハイキング」を実施した。今回の参加は、東海合気道少年団のメンバー(11名)も含めた、小学生46名、中高生2名と指導者・保護者等の32名、幼児2名の総勢82名の参加となった。
大型バス2台を使用しての大移動であったが、往路の車内では各自の「自己紹介」や恒例の「ビンゴゲーム」を筑波山の駐車場ぎりぎりまで行い、大いに盛り上がりをみせ、子ども達も劇的に打ち解け、バス酔い者は皆無であった。

■今回の登山は「つつじが丘コース」である。出発地点である駐車場では、1~6班毎に考えた「登山スローガン」を子ども達が元気よく発表し、予定の9時に登山を開始した。
登り始めの丘は傾斜がきつく、登山者の心が萎え気味になる場所である。
それを回避するかのように、小休止をこまめにとりながら、ペース配分には十分に配慮していたが、息切れに不安を覚える大人たちを尻目に、子どもたちはスイスイと歩みを進めていった。

■当日はうす曇りの天候であったが、前日の降雨もなく足元のぬかるみや気温の上昇による体力の消耗も少なく、登山するには絶好のコンディションである。
心臓破りの丘を過ぎると気持ちにもゆとりが生まれ、目に鮮やかな新緑や心地好いそよ風に日常を忘れ、心癒されながら子どもも大人も一丸となって山頂を目指した。

■溢れる汗の中、自分との闘いを乗り越え女体山山頂に2・5時間で登頂した。
喜びを各班毎に分かち合いその雄姿をカメラに収め、山頂部の御幸ヶ原に移動し班毎にお弁当を広げながら登山談義が花開いていた。
少ない時間を利用し、子ども達は周辺の茶店等で銘々にお土産買いを楽しんでいた。

■ケーブルカーにて下山後、由緒正しい筑波山神社を参拝し、一行は茨城空港へと向かった。茨城空港は平成21年に開港し、日本一コンパクトな空港として関東一円の空路による旅の利便性を高めてきた。到着後は空港ガイドの方による案内を受け、その後は班ごとの自由行動とし、ここでも思い思いに自分や家族への土産物を買い求めていた。

茨城空港は正式名称を「百里飛行場」といい、自衛隊の百里基地に併設されていると いうこともあり、展示用の戦闘機前で記念撮影を行い、空港を後にした。

■盛りだくさんの内容だったが、子どもたちにとっては楽しい思い出として心に深く刻みこまれた一日だったのではないだろうか。
多くの方々の参加や協力を得て、安全に全日程を終えられたことに感謝致します。
ありがとうございました。      

■登山ハイキングに先立ち、5月21日(日)に行われた各地区合同特別基本錬成稽古に於いては、この筑波山登山ハイキングにおける団体行動を意識した事前訓練も行っており、今回の筑波山登山ハイキングでは、その成果を実践する場となった。
各班毎に、整列・点呼・人数報告などが、班長、副班長を中心にきびきびと繰り返される。
個があまりにも尊重され、集団や団体行動が苦手とされる現代の子ども達にとっては、学校とはまた違った学びの場であるのだと思う。
こういった体験を通して、仲間を思いやり、助け合う気持ちが少しずつでも芽生えていけば幸いである。

                                (C.S記)

CIMG1385.jpg DSC_0169.jpg CIMG1433.jpg