ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
全日本少年少女武道(合気道)錬成大会 2017(H29)-7-17
■毎年恒例の「全日本少年少女武道(合気道)錬成大会」が去る7月17日(日)に日本武道館で、全国から178団体2,491名の小・中学生が参加して盛大に開催された。ひたちなか市からは「ひたちなか市合気道少年団24名」と「那珂湊合気道少年団7名」が出場した。  五十嵐師範他9名の指導員が引率した。
ひたちなか市合気道少年団は、この錬成大会の1回目から毎回欠かさず出場し、今年で39回目を迎えたが、那珂湊合気道少年団は3回目の出場である。
■当日はひたちなか市を朝6時に貸切りバスで保護者と一緒に48名が出発し、9時前に日本武道館に着いた。直ぐ近くの靖国神社に足を伸ばし「錬成大会の成功と安全を祈願」を全員で行った。
■武道館の中は多くの演武者や保護者・演武関係者の熱気で蒸し暑かった。
早速道着に着替えて、子ども達は貴重な時間を利用し各班ともお土産買いに1Fの売店に出かけた。家族や友達・自分自身に、思いをこめたお土産を選定し短時間の間であったがそれぞれが楽しそうに買い物を楽しんでいた。
■開会式は、メインアリーナにて11時丁度に国歌斉唱で厳かに始まり、植芝守央道主のご挨拶や来賓の挨拶のあと、準備運動の後、各部に分かれて「稽古錬成」を行った。
■「第1部は低学年3・4年生の部で」基本の動きの膝行や受身と基本技の正面打ち入り身投げと一教を行った。「第2部の5・6年生は」正面打ち一教や入り身投げに小手返しを加えて稽古した。1500畳もある道場で、雰囲気も、稽古相手も全国の他道場の違った稽古だったので緊張して、いつもより真剣にまた、自信を持って取り組んでいた。
■稽古錬成が終わり今までの稽古の成果を発表する「演武錬成」である。演武時間が2分と決められているので、普段からきびきびと早く動く事を基本に練習してきた。
■今年もひたちなか市合気道少年団はプログラム1番で赤畳である。
5,6年生は昨年の出場者もいるが皆緊張と不安で一杯のようであった。緊張のなか入場後整列正座し、太鼓が「ドン」となるのを待った。太鼓と同時に4班の隊列が大きな声と共に動き出し「馬跳び・杖を使った受身・小手返しや呼吸投げの投げ技」などを
元気な声を出しながら皆精一杯おこなった。
「なんと!見事に」2分間終了合図の太鼓と同時に演武が終わり、観客席からも大きな拍手をもらった。精一杯に演武者した子供たちは気持ちを抑え演武場を後にし、控え通路に戻った時には歓喜で小躍りしている者もいた。
観客席で応援の保護者も子ども達の素晴らしい演武に感激もひとしおであった。
 ■プログラム7番目が那珂湊合気道少年団の演武である。
7名の参加者は皆昨年も参加したが、緊張は隠せなかった。開始の太鼓と同時に「八の杖」から始め、続いて「受身や各種呼吸投げ」を掛り稽古形式でリズミカルに行った。
こちらも稽古の成果が十分に発揮された良い演武であった。
■興奮がさめやらぬまま2団体とも正面玄関で記念写真を撮り着替えの後、15時に武道館をあとにし、お楽しみの「東京スカイツリー見学」にバスで向かった。

■スカイツリー到着後記念撮影し、先行予約により待ち時間ゼロで一気にエレベーターで地上350mの展望デッキまで駆け上がり、そこから見た東京の眺望は格別であった。
雲のなかに吸い込まれそうな怖さと共に、マッチ箱のような小さな建物や乗り物を見て子ども達は大きな歓声をあげていた。
展望デッキの中は多くの見学者で混雑していたが、それでもいろいろなイベントに参加したり、家族へのお土産を買ったりとまた、楽しい時間を過ごした。
■スカイツリーを惜しみつつ、18時にはバスを帰路に向け、首都高速の安定運転に入ったところで、車中の慰労会兼反省会を行い、それぞれに「良かった点や反省すべ点」を出してもらい、今後の課題や来年の抱負へとつなげていった。
■保護者の方からも素晴らしい内容で、皆が精一杯頑張っていたのでとても感動した等とお褒めの言葉をいただいた。また、指導員は子ども達の頑張りを称えると同時に、成長や活躍に喜びを感じつつ、とても充実した一日であった。   
    (Y.S記)

_DSC0015錬成⑧ (2-2) CIMG1518錬成①-1 CIMG1466錬成②-2 CIMG1491錬成④-4 CIMG1499錬成⑤-5 CIMG1625錬成⑥-6 _DSC0015錬成⑧ (1-1)