FC2ブログ
ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
安野正敏本部道場指導部師範の特別講習会(110名参加) 2018(H30)・2・25(日)
■平成30年2月25日(日)ひたちなか市総合体育館武道場において、当団体の顧問師範である 安野正敏本部道場指導部師範(八段)の特別講習会が開催された。

■ひたちなか会員のほかに、関東近県の友好団体からも多数参加し110余名の参加者により、300畳の広い道場は熱気で溢れた。

■講習会の冒頭、師範より、次の3点を念頭に置いて稽古に臨むよう指導があった。
1点目は、姿勢を整えて相手に全てを晒し、多様な攻めにも動じない気持ちを持つ事。
2点目は、瞬間、瞬間の力の出し入れに傾注する事。
3点目は、技の終わりには、心を静め、重心を落とし込む残心を心掛ける事であった。

■師範は、それらの理合いを片手・双手・両手取りの技で示され、講習会の中盤では、武道共通の攻めどころとして、相手と触れあった際に、何かが起きたところ(起こり)、変化したところ、尽きたところが要になる旨を平易な言葉で解り易くご指導いただいた。

■3時間の講習会は、時間の経過を忘れるほどの稽古となり、久々に充実した一日を過ごさせていただいた。そして、今後稽古に励む上での大きな指針を得るとともに、合気道の「奥の深さ」を、より深く考える良い機会となり、加えて、他の道場の方々と共に汗を流すことができ、大変貴重な経験と勉強をさせていただいた。

■講習会終了後、引き続き「昇段審査」が行われ、四段1名・参段4名・初段6名の計11名、全員が合格した。

                 (K.T記)

DSC_0260.jpg DSC_0009.jpg DSC_0013.jpg DSC_0037.jpg