FC2ブログ
ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
第21回 明武館古武道演武大会に出場(2019.4.14)
4月14日(日)第21回 明武館古武道演武大会が松戸体育館にて開催された。
明武館古武道演武大会は、ひたちなか市平磯にある「明武館道場」根本憲一宗家御一門の方々並びに交流団体による演武大会である。

「無比無敵流杖術」「為我流派勝新流柔術」をはじめ、「水府神道流居合術」・「鏡心流抜刀術」「日本空手道拳友会」「田谷の棒術」などの演武を拝見することが出来るまたとない機会である。

ひたちなかの合気道からは、17名が参加し【第Ⅰ部】では、 基本技・座技・半立技・片手・両手・横面打ち・正面打ち・胸肩取を演武し 【第Ⅱ部】では,変化技、徒手・胸肩取・後取・対剣杖技を演武させて頂いた。
同じく【第Ⅲ部】では 鹿島神流剣術の組太刀を演武し、其々が五十嵐師範から与えられた課題技を精一杯演武した。

「無比無敵流杖術」の由来には、槍の名手で流祖佐々木哲斉徳久が関ヶ原の戦いにおいて激戦中に槍先が折れ、その柄をもって奮戦し、その後、各地を遍歴、水戸地方に伝承。明和、天明の頃より民衆の自衛武術として伝承発達、無比無敵流杖術として隆盛を極めた。との説明がある。

長い間の時を経て磨き続けられ伝承されてきた「技やその精神」に思いを馳せると「民衆の自衛武術」というものは、武器を持てない一般民衆が身近にある棒や農具を武具とし大声で敵を威嚇して必死に戦い、如何にして身を守っただろうか、その深淵には、生きるか死ぬかの瀬戸際の中で、武術を習得する事で強靭な精神が養われ、体系化し武道の精神へと昇華していったのではないかという思いを自分なりに感じとらせて頂いた。

近年、毎年参加させて頂いているが、出場される流派の方々の演武を拝見すると、何かしら、新しい見方や感覚が湧いてくる。
この事を師に話したところ「見る眼が肥えて来たのであろう」との言葉を頂いた。
この思いを大切にして、これからの稽古に励んでいきたいと思う。

春霞の中、素晴らしい古武道の技を拝見することができた。
そして、新たな思いが芽吹いた一日であった。
                           (M・K記)

①DSC_0338閉会式集合写真 ②DSC_0342合気道参加者 ③DSC_0121勝新柔術 ④DSC_0328剣杖 ⑤DSC_0330槍杖術 ⑥DSC_0304鹿島剣 ⑦DSC_0097水府居合 ⑧DSC_0141鏡心居合 ⑨DSC_0155小林空手 ⑩DSC_0069合気① ⑪DSC_0252合気② ⑫DSC_0242合気③