FC2ブログ
ひたちなか合気会
   ひたちなか合気会 ホットニュース
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第56回 全日本合気道演武大会に出場 (2018(H30)5.26)
■5月26日(土)「第56回 全国合気道演武大会」が武道の殿堂日本武道館で開催された。
昼過ぎに北の丸公園沿いから、ゆるい上り坂の橋を渡り、田安門の前で空を見上げると、すっかりと若葉になった桜の枝葉の隙間から、武道館の象徴のように言われる「擬宝珠」が見える。毎年のことだがこの景色を見ると、少しずつ気持ちが昂るのを感じる。

■今回、ひたちなか合気会からは、22名が「道場団体演武」として参加した。
第1部17番、正面に向かって5か所ある演武場の右側前方、青色の演武場である。
13時ごろの出番に備え、着替えを済ませて、東側3階席に席を取った。
東側地下通路に移動すると、身動き出来ないような混雑の中で、演武者の熱気と会話のざわめきで緊張が高まってきた。
暫くして、場内に案内され出番を待つ。一つ前の団体演武が終了するのと同時に小走りで演武場に入場し着座して礼を交わし開始を待つ。
合図の大太鼓が鳴り響き、11組がそれぞれの課題技である、面打・徒手変化・片手・諸手・両手・正面・横面・座技・半身半立ちなど思いっきり夢中で演武した。
 演武が終了し、退場すると皆の顔が達成感と安堵で微笑んでいた。

■それもつかの間、4コマおいて直ぐに、ひたちなか合気会S氏の個人演武である。
五十嵐師範推薦により「地方指導者演武の茨城県代表」として、今回、我がひたちなか合気会の女性S氏が選抜され、第1部の21番で演武する事になっている。
S氏は、家族全員が熱心に合気道を稽古している、素晴らしいい「合気道一家」である。(師範の配慮で、もちろん受け者はご家族であり、家族全員結束し事をなす記念となった)
既に、出番を終えた私たち会員は、2階席に移動し演武を見守ることにした。
2階席では道場で一緒に稽古をしている「仲間全員」が中央の白の演武場を凝視し、熱い視線を送り、自分の事のように胸の高鳴りと合わせ、仲間を思い見守る姿は心強く感じる。
瞬きもつかの間の演武が終わった瞬間、感動が溢れて熱いものがこみ上げて来たのは私ばかりではなかった。

■こうして、ひたちなか合気会全員の演武が無事に終わり、正面玄関入り口の石畳階段に集合し、清々しい気持ちで恒例の記念写真をカメラにおさめた。
混雑をさけ早めに武道館を後にし、17時から東京駅を見下ろす12階のレストランで打ち上げ兼反省会が開かれ、おいしい料理とお酒で楽しい時間を過ごした。
席上、参加者が一人ずつ順番に演武の感想や本日の思いを述べた。
特にS氏の感想では、五十嵐師範と会員全員への感謝の気持ちと合気道への思いを語られ、参加者の琴線や心に響くものであった。
 私は、S氏家族はこの晴れ舞台が決まってから、さまざまな葛藤があったはずであり、演武はもちろん、自分達の家族愛を見つめ直したのだろうと思った。
私も、仕事や日々の生活、合気道の事など上手くいかない事を思うと、落ち込みへこむときもある。しかし、自分と向き合い大きくへこむことも大切である。へこんだ心は、日頃の努力と精進で少しずつ満たしていけばいい・・・・・。
新緑の季節を、晴れやかに、清々しく過ごし、そして、感動した一日であった。
                                 
                                                (M・K記)
H30全国1 H30全国2 H30全国3 H30全国4



H30年度 鶴岡八幡宮 春季例大祭(菖蒲祭) 合気道奉納演武大会への参加 (2018.5.6)
■鎌倉 鶴岡八幡宮 春季例大祭(菖蒲祭)「 合気道奉納稽古(講習)会並びに奉納演武大会」が、GW最終日の5月6日(日)に開催され、神奈川県を中心に関東近県も含め約230名の方々が参加した。この大会は「鶴岡八幡宮が主催」し、武田義信師範(八段)主宰の合気道研究会インターナショナル(AKI)が運営して毎年開催されている。第一部として10時から奉納稽古(講習)会が1,5hr行われ、続けて奉納演武が11時40分から第二部、第三部と続く構成である。
ひたちなか合気会からも15名が、今回この奉納稽古(講習)会と演武大会に参加した。

■10時からの奉納稽古(講習)会に参加するため、私達は勝田駅から早朝の「特急ときわ号」に乗車した。勝田駅では冷たい風に吹かれたにもかかわらず、鎌倉に着くと空は青々と晴れ上がり、暖かい日差しが降り注いでいた。鶴岡八幡宮の研修道場に到着し、準備を整え神前に整列すると、厳かな雰囲気に包まれて、身が引き締まる思いであった。重厚な大太鼓の音に合わせて、神前に皆で深々と拝礼した後、奉納稽古(講習)が始まった。

■前年に引き続き、奉納稽古(講習)会も合気道本部道場長の植芝充央先生が指導された。先生は、合気道における基本の重要さを説かれ、「入身」、「転換」、「転身」、「呼吸」から成る技の数々を実演された。私達は、基本の動きが組み合わさって合気道の技が構成されていることを確認しながら稽古に取り組んだ。
研修道場は、多くの参加者の熱気にあふれ、他団体道場の方々と組んで稽古することで大いに刺激を受け、内容の濃い充実した勉強をさせて頂いた。

■奉納稽古(講習)会に引き続き、11時40分から奉納演武が同研修道場で行われた。
AKI、神奈川県合気道連盟加盟団体による演武の後、第二部の最後にAKI主宰の武田義信先生による呼吸力を重視した重厚な演武が披露された。第三部の演武では、賛助連盟、賛助団体として関東近県からの方々による演武も行われ、私達ひたちなか合気会も、15名8組の同時演武を行った。奉納演武の最後は、植芝充央先生による華麗な演武が披露された。基本を重要視した植芝先生の演武を今後の稽古のお手本とすべく、参加者の方々は皆、姿勢を正し、植芝先生の一挙手一投足を目に焼き付けようと真剣な面持ちで演武を見つめていた。

■次に、場所を鶴岡八幡宮内の「直殿」に移し、15時~「直会」が行われた。直会でも同様に大勢の参加があり、昨年知り合った他道場の方々と談笑しながら、楽しいひと時を過ごすことができた。帰途、古都鎌倉の市中は、GWの最終日を楽しむ観光客で賑わっており、私達も馴染みの土産物屋に立ち寄りつつ、ひたちなかへの帰路に着いた。今年も、鶴岡八幡宮のご神域で稽古・演武を行う機会を頂き、合気道の技が基本の動きの組み合わせで成り立っていることを改めて学ぶことができた。今後の稽古でも、基本の動きをおろそかにせず、繰り返し稽古に励むことを心に期しつつ、17時過ぎ鎌倉を後にした。
                                 (Y・S)記
1鎌倉 2鎌倉 3鎌倉 4鎌倉 5鎌倉 6鎌倉 7鎌倉 8鎌倉 9鎌倉 10鎌倉 11鎌倉 12鎌倉 13鎌倉 14鎌倉 15鎌倉 16鎌倉







 






合気神社大祭に1500名の参拝者が集う 2018(H30)4-29
 五月晴れの4月29日(日)笠間市(旧岩間町)に鎮座する「合気神社」にて、大祭が執り行われ、国内外から1,500名の合気道関係者が参拝した。

 ひたちなか合気会からは、五十嵐師範以下(日立・東海・常陸大宮)地区の会員と家族を含め30名が朝早くから参拝し、厳かな神事を見守った。

 11時からの神事は、神官による修祓の後、合気道開祖植芝盛平翁並びに合気道を世界に広められた植芝吉祥丸二代道主の慰霊祭が行われ、続いて植芝守央道主の主催者挨拶が行われた。
その後、植芝充央本部道場長と植芝守央合気道道主による、華麗な奉納演武が行われ参拝者を魅了した。

 引き続き、12時30分から道路を隔てた「茨城支部道場」や屋外緑地の「合気苑」にて、参拝者による「直い会」が開かれ、お弁当や酒肴での和やかなひと時を過ごすと共に、ひたちなか合気会各地区会員の相互の交流を図った。

 直い会の終盤、植芝道主ご夫妻が、各団体エリアを訪問され、その合間を縫って植芝道主ご夫妻を中心に、ひたちなか合気会のメンバーと記念撮影をさせて頂き13時30分に散会となった。

 今回、幹事としてこの日の準備に当たられた「常陸大宮地区」の皆さん方には朝早くから会場入りし、場所の確保や飲食物の準備など、そのうえ宴の後の清掃も丁寧に実施され、種々お世話を頂き有難うございました。 
参加した皆さんがとても楽しく過ごせた一日でした。

また、合気神社大祭の開催に先立ち4月15日(日)に本部道場や茨城県連の方たちと共に、ひたちなか合気会からも11名の有志が参加し、合気神社付近の清掃活動に奉仕され、国内外の方々が参拝する事前準備をされました。
参加された方々お疲れさまでした。
                       (S・S記)
1 2 3.jpg 4.jpg 5.jpg 6.jpg










H30 第20回 明武館古武道演武大会 (2018.4.15)
■4月15日(日)「第20回 明武館古武道演武大会」が、ひたちなか市松戸体育館にて約80名が出場し開催された。
 明武館道場の演武会は、新年度の最初の演武大会であり、ひたちなか市平磯に拠を構える「明武館道場」根本憲一宗家のご一 門の方々による年に一度の大きな大会である。

■ひたちなか市無形文化財に指定され古くから伝わる「無比無敵流杖術」「為我流派勝新流柔術」をはじめ、普段拝見することが  出来ない「水府新当流居合術」「鏡心流抜刀術」「日本空手道拳友会」「田谷の棒術」などを真直に拝見することが出来、武道愛  好家にとっては垂涎の機会である。

■出場各流派の技は、それぞれに受け継がれてきた伝統の技であり、静寂のなかでの美しい所作、気迫のある鋭く激しい打ち込みなど、自分も含め見学している多くの方は、いつの間にか深淵なる精神性に吸い込まれていた。

■ひたちなか合気会からは、初心者も含め19名が参加した。
  第Ⅰ部は基本技演武、第Ⅱ部は変化技演武を主体に2組に分かれ、其々が課題技である、座技・半立・片手・両手・諸手・胸取・  肩取・正面打ち・横面打ち等、気持ちを集中させ演武した。
 人前での演武は、「緊張や欲」が出て、当然ながら中々「上手く」いかない。
 その中で「上手く」いかない自分を知り、向き合い直視していくのも演武の大事なところだと思う。

■今回、五十嵐師範の演武において本番直前に「受け者」の変更があり、自分を含め予定外の指名受けた方がいたが、これも五  十嵐師範の「体験は人を育てる」という表れであり、落ち着いてしっかりと対応出来たことは今までの稽古の成果であると感た。

■演武会終了後、五十嵐先生から、今日の演武で感じた事を今後の糧や反省点として稽古に活かすようアドバイスがあった。

■今回多くの方々の素晴らしい演武を拝見し、良い刺激と充実した時間を過ごすことが出来た一日であった。

                                      (M・K記)

明武館1 明武館2明武館3 明武館4明武館5 明武館6 明武館7 明武館8 明武館9 明武館10 明武館11











H30 少年部5~6年生卒業合宿行なわれる 2018/3/17・18
■ひたちなか合気道少年団恒例の少年部の5~6年生卒業合宿が去る3月17日(土)・18日(日)の1泊2日でひたちなか市平磯の「民宿ほりぞえ」を宿泊地として行われた。
この合宿はひたちなか合気会傘下少年団の6年生の卒業を記念し、5年生への少年団活動の引き継ぎや、5年生から6年生へ今までの感謝を込めて、毎年この時期に25年前から続けられている。

■今年はひたちなか市の松戸道場・那珂湊道場他 東海村合気道少年団の東海道場から
6年生10名、5年生13名、指導員7名を含め30名が参加して行われた。
参加者の半数は2年生の時に入門し継続してきた頼もしい少年合気道家でもある。

■第1日目は、市内松戸体育館武道場で2~4年生の下級生40名と共に一緒に体力補強運動やゲーム・各種受身・基本技等を元気一杯行った。
その後、合宿参加者のみで、宿泊地の平磯海岸の「民宿ほりぞえ」のご馳走メニュー夕食を賑やかに摂り、4~5人の友達同士で初めてのワイワイはしゃぎながら入浴を楽しみ、その後合同ミーティングを行い、5年生からは卒業する6年生への感謝の言葉が贈られた。一方6年生からは、合気道少年団での懐かしい思い出や指導員への感謝の言葉他、今後引き継ぐ5年生への励ましの言葉等があった。

■2日目は那珂湊港近くの「那珂湊武道館」に場所を移し、基本稽古の後6年生による課題技の説明指導(6年生それぞれが指導者として技の説明やポイントを子供の視点で指導するという内容)と共に6年生それぞれの卒業個人演武が行われた。

■6年生一人一人が自ら選んだ指導員を受け者にして、今まで習得した技を基に15本余りの演武が行われた。それぞれ最初の3,4本までは緊張し堅さも見られぎこちなく思えたが、投げや抑え技を重ねるにつれて大きな声も出て力強い演武となった。
卒業生の力一杯の演武も無事に終了すると、見学の5年生や保護者の方から大きな拍手と称賛の言葉が贈られた。
指導員からは「緊張感を保ち真剣で立派な演武」に対し「よくぞここまで成長してくれた事に」満足で感激もひとしおで、6年生の成長を感じ取り感慨深いものがあった。

■また、5年生からも6年生の素晴らしい技や真剣な取り組み姿勢に、子どもながらの感動の言葉がたくさん贈られた。 そして来年は自分たちの番だと心を新たにしていた。
5.6年生はもとより参加者一同とても充実した爽やかな卒業合宿であった。 
 
                                        (Y.S記)
掲載①P3180053集合写真② 掲載②P3180284集合写真③ 掲載③P3170015夕食 掲載④P3170022ミーティング」 掲載⑤DSC_0027掛かり稽古① 掲載⑥P3180085飛び込み倒れ 掲載⑦P3180126三人飛び受け身 掲載⑧DSC_0073掲載⑨P318083 掲載⑩DSC_0130 掲載⑪DSC_0154 掲載⑫DSC_0146 掲載⑬DSC_0092 掲載⑭DSC_0111 掲載⑯P3180213 掲載⑮P3180170













 

   


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。